どんな場所のメガソーラーが汚れやすいか

太陽光パネルの汚れは、設置環境によって様々です。 どんな場所の太陽光パネルが汚れやすいのでしょうか?

① 山間部

山間部は枯葉や枝が風にはこばれてパネル上に残っている場合が多々あります。季節によっては花粉が堆積している事もありますし、木々から放出される粘着質の樹液が付着している場合は雨水だけでは綺麗にならない可能性が大きいです。

② 交通量の多い場所

交通量の多い場所であったり、工事車両が出入りするような場所にある太陽光発電パネルには砂塵が堆積している事が多々あります。砂埃のおおくは雨で流されるかもしれませんが、パネルの溝に水切りがついていない場合は、溝にたまった砂が雨でかたまり、最悪の場合ですと、パネルのエッジに沿って、横一列の発電量がストップしている可能性があるので、定期的なチェックが欠かせません。

その他特殊な環境下

その他にも特殊な環境下にあるメガソーラー施設は、環境ごとの汚れを考慮する必要があります。火山地帯であれば火山灰がつねに降り注いでいるでしょうし、沿岸部は塩害の対策が必須です。このように太陽光発電所は、設置場所、季節、環境で考慮すべき汚れが変化するのです。

太陽光発電施設の汚れや、発電量について心配の方は一度SAPのデモ洗浄をお試しください。汚れの状況にあわせた、最適な洗浄プランをご提案いたします。

https://sap-solar.jp/contact/test.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です