太陽光パネルの洗浄方法

太陽光パネルの洗浄方法は、大きく分けて2つあります。

ひとつ目は手洗い。

布やモップ、あるいは高圧洗浄機を使った洗浄方法です。 太陽光発電のモジュールが汚れてしまった場合、真っ先に思いつきそうなのは汚れた箇所を布で拭き取ったり、水をかけてブラシでゴシゴシと手洗いする方法。汚れた太陽光パネルが1枚や2枚なら手洗いでも問題ないでしょう。ですが太陽光パネルが数千枚規模にもなるメガソーラーの施設では、同じように手で洗うわけにはいきません。そんな膨大な枚数のパネルを、洗いムラも残さず均一に、そしてスピーディーに洗のは至難の技だからです。 どうしても人の手で洗浄しなければならない場合でも、次の3点にはくれぐれも注意してください。 

(注意点1)水道水で洗わないこと
(注意点2)高圧洗浄機の水を直接突きつけないこと
(注意点3)よごれた雑巾で拭かないこと

太陽光パネルを洗っているつもりが、水垢や雑巾の汚れで返ってパネルを汚してしまう危険があります。 

高圧洗浄機も注意して使わないと太陽光モジュールの故障の原因となってしまいます。 手が届かないからといってパネルの上に乗るのは言語道断ですが、高圧洗浄機で高水圧を吹き付ける事も、実は太陽光パネルにとってはリスクが大きく、決しておすすめできません。太陽光発電のモジュールは非常にデリケートです。肉眼ではガラス表面が割れていないように見えていても、目に見えない小さな亀裂(マイクロクラック)が生じていて、その部分の発電量が完全にストップしていることが多々あるからです。 

もう一つの洗浄方法はロボット洗浄です。

太陽光パネル洗浄においては人の手による手洗いよりも、太陽光パネル洗浄機を使った洗浄がおすすめです。専用ロボットを使った洗浄は人の手で一枚一枚洗うよりもリスクが低く、しかもスピーディーにムラなく美しく、均一に洗い上げてくれます。

太陽光パネル洗浄機は様々なメーカーが開発しており、それぞれ特徴がありますが、その中でも当社のPV CLEANER(PVクリーナー)なら、大規模メガソーラー施設でもスピーディーに、そして確実にムラなく太陽光パネルの汚れを落とすことができます。

太陽光パネルの洗浄についてもっと詳しく知りたい方。 
誤った洗浄方法でパネルを傷つけるリスクを犯したくない方は、お気軽に SAPまでお問い合わせください。

太陽光パネル洗浄ならSAP
https://sap-solar.jp/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です