メガソーラーの故障かな?と思った時にチェックするべき項目

太陽光発電システムは長く使えると言われていますが、それはメーカーの性能によってまちまち。長く使うにはそれなりのメンテナンスも必要となるのですが、太陽光発電の発電効率が落ちるのには原因があります。ここでは、代表的な原因を挙げてみました。

経年劣化によって発電量が低下する場合があります

太陽光発電システムは精密機械です。時間と共に耐久性が劣化し、発電量がどんどん低下するのは当然です。劣化率はメーカーによってバラバラで、1年ごとに0.5%未満ほど低下するパネルもあれば1%を超えるパネルもあります。劣化率が高いメーカーのパネル程、発電量の下がり具合も酷く、使えなくなる日も早く訪れるでしょう。 また、毎年の劣化率の低下具合はそこまでひどくないパネルでも、10数年経過した頃にガクンと発電量が下がってしまうといったケースも見られます。この場合、使用していたパネルがその土地の気候や環境に適したものではなかったという事も考えられます。つまりパネルの発電量低下は耐久性の問題の場合があるということです。 日本の気候は年間を通して移り変わりが激しく、猛暑や大雪、梅雨など変化に富んでおり、太陽光パネルがその気候風土に対応するのはとても難しいことなのです。

表面に積もった汚れで発電効率が下がる事も

もし設置からそれほど年数が経っていない場合であれば、ソーラーパネル表面の汚れが原因で発電量が低下している可能性が高いでしょう。太陽光パネルは野ざらし状態で置かれているので、常に汚れのリスクに晒されています。いえ、汚れないパネルは無いと言った方がいいかもしれません。黄砂や鳥の糞、枯葉などによる表面ガラスの汚れなどのトラブルが起こってしまうと発電効率は大幅に低減してしまいます。 もし、設置からそれほど年月が経っていないにも関わらず、発電量が低下してきたら、パネル表面の汚れを疑ってみてください。

SAPでは太陽光パネル専用の洗浄機を使ってメガソーラーを安全に、早く、確実に綺麗に掃除することができます。デモ洗浄のご依頼や、お見積もりはお気軽にどうぞ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です